スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ピンと来づらい韓国語表現も、博多弁で解決~

前回に引き続き、今日も博多弁を駆使しますよ。
習ったけれど、どうもピンと来ない表現がありました。

~더라고(요)

 です。

韓国語の授業では、
”더라”は、「過去の回想」という表現で、
“고(요)”と一緒に用いられるそうです。

이 영화, 너무 재미있더라고요.
(この映画、すごくおもしろいんですよ。)

日本語では、
「~なんだよ(~なんですよ)」、
「~だったんだよ(~だったんですよ)」

というニュアンスになるんですが、
その日本語ニュアンス自体が、ピンと来ない・・・(><)

“~고요”というと、なんだか伝聞みたいなんだけれど、
この場合は、「~だったんだって」とはならない。
(もちろん伝聞の意味で使う場合もあります)

どういうときに使うんだろうと、韓国人の友達の会話を
じっと観察してみると、
あることを経験したり、ある事実を知ったとき、
興奮しながら、強調して言っていることがわかりました。

そして、ピンと来たのです!!

わたしも、博多弁でそう言ってるではないか!!


이 영화, 너무 재미있더라고요.

博多弁にすると・・・
この映画、めちゃくちゃおもしろいとって。

“~더라고(요)” は、

博多弁にすると、
「~やったとって」、「~しよったとって」
なんです。

これで、すっきり。
“~더라고(요)”の表現も、
自然に使えるようになりました。

それからというもの、"~더라고요"をやたらと使うようになりました^^
(厳密に言えば、ソウルっ子っぽく、"~더라구요"~☆ミ )

ただし、この表現の使用上の注意^^
自分が主語の時は使えません。
あくまでも経験したことについての感想です。

ph_e10.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukuokauri

Author:fukuokauri
福岡市中央区今泉にある
韓国語学校です。
福岡韓国語学校ウリの公式HPも
ぜひご覧ください
福岡韓国語学校ウリのHPへ
↑こちらをクリック

Twitter ・ facebook
Twitter IDはfukuokauriです。
Twitter Icon
by Twitter Icon


facebookも更新中!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。